HAIR

[簡単]少しみるだけでわかる!ノンシリコンとシリコンシャンプーの選び方

Pocket

みなさんは普段のシャンプー選びをどうされていますか?

以外に分からないことが多くないですか?

今日はシリコン入りシャンプーとノンシリコンの違いを

簡単にわかりやすくお伝えしてどちらが自分にあうのか

説明していきます。

そもそもシリコンて何?

シリコンとは〇〇メチコンなどと言われるオイルの総称で

化粧品やヘアケアのアイテムに使われていたりします。

なのでお肌につけても無害な成分になってます。

 

そしてダメージしている髪の毛にたいしてコーティングをしてくれるので

手触りをよくしてくれたりツヤをだしてくれたり切れ毛の予防にも

なったりします!なので普段の生活をしてのドライヤーでのダメージ

紫外線からのダメージやカラーパーマのダメージから守ってくれる

成分でもあったりします。それだけ聞いていると

素晴らしい成分やないですか!?

 

けどなんでそんなシリコンが入っていないシャンプーの

ノンシリコンシャンプーがこんなにも世間に広まっているのか!

少し前のシャンプーの作りが悪かった

すばらしい成分のシリコン。

ダメージも抑えてくれるしツヤも出るしさらさらにしてくれる成分。

そのせいで10年前くらいのシャンプーはとにかくシリコンが

大量に入ったシャンプーを作っていてベタつきの原因になったり

カラーやパーマがうまくいかないなど色々ありました。

 

そうなるとシリコンは悪者扱いをうけてしまいます

 

そんなことで出てきたのが一切シリコンが入っていない

ノンシリコンだったんです。

これが出てきた理由はベタついて髪の毛が乾かないなど

カラーが染まりやすくなりますよなどと

いう謳い文句で最初に出てきました。

 

ノンシリコンシャンプーが出てきた時には

シャンプーを作られている会社の人もシリコンはダメだといい

美容師さん達もそれに乗って「ダメなんですよー」と

お客様にお伝えしたりして世間の人にも

悪いイメージがついてしまったということです。

 

 

実際にお客様にシリコンが悪いと思っている方も

多くいるのですがなんで悪いのかはわからなかったりします。

そんなふわっとした感じで広まってしまいました。

 

ただノンシリコンシャンプーもメリットあります

シリコンというオイルが入っていない分洗い上がりは

軽やかでボリュームが出やすいです。

髪のベタつきがおきにくく

お肌にトラブルがある方にもおすすめです。

今のシャンプーはよくなった

シャンプーを作っている会社も色々反省をしたりして

シリコンの量をすくなくしたり髪の毛がよくなるようにと

色々努力されて昔ほど髪の毛がすごいベタつく人など少なくなってきました。

 

結局どっちも髪の毛にはいいんじゃないか!?

どっちのが髪にいいんですか!?って

話になるのですが

 

シリコンシャンプーは

”ダメージが気になる・髪の毛が乾燥する

ボリュームを抑えたい方にオススメ”

 

ノンシリコンシャンプーは

”洗い上がりスッキリ・地肌にトラブルがある

ボリュームが欲しい方にオススメです”

他にも洗浄成分がどうだなど色々ありますが

おおまかに分けるとこんな感じです。

また洗浄成分がどうだなど細かいのもブログにあげようかなって

おもいますのでお楽しみに。