MOVIE

映画 ロケットマン ミュージカルや音楽好きエルトンジョン好きはたのしめる☆

Pocket

出典元:映画.com

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved

あの「ボヘミアン・ラプソディ」でヒットしたデクスター・フレッチャーが

音楽映画でクイーンに続いて大物歌手のエルトン・ジョンを

主役にしたこの映画ロケットマン!

この夏最後のヒット作になるか!

紹介していきます!

STORY

イギリス郊外ピナー。家に寄りつかない厳格な父親と、子供に無関心な母親。けんかの絶えない不仲な両親の間で、孤独を感じて育った少年レジナルド・ドワイト。唯一神に祝福されていたのは彼の才能――天才的な音楽センスを見出され、国立音楽院に入学する。その後、寂しさを紛らわすようにロックに傾倒する少年は、ミュージシャンになることを夢見て、古くさい自分の名前を捨てることを決意する。新たな彼の名前は「エルトン・ジョン」だった。

出典元:TOHOシネマズ

 

エルトンジョンを知ることが出来る素晴らしい映画

ボヘミアン・ラプソディの時もそうだったんですが

よくクイーンてアーティストは聞くけどどんな人かと聞かれたら

まだまだ自分もタイムリーに過ごしてきてなかったので

パッと答えることはできなかったりしたのですが

映画から勉強することが出来るから本当に映画はすばらしいです・・・

今回のロケットマンも全く同じことがいえるのですが

エルトン・ジョン!?よく聞くけどどんな人かわかんないや!だから

面白さがわからんから見なくていいかと思ってる人も多いと思います!

今回の「ロケットマン」はエルトン・ジョンの少年時代から人生の半生を

描いているので誰やねんエルトン・ジョンって!?思っている人でも

見ることができます!

グラミー賞を5度も受賞した世界的ミュージシャンその

半生知るだけでも凄く面白いしこんないい曲があるんだ!って

思わしてくれる映画てだけでも見る価値ありでしかない。

全体的にややミュージカル調

ボヘミアン・ラプソディぽい感じなのかなと思っていたところ

どうやら最近ヒットしているミュージカル調。

ラ・ラ・ランド的な少しファンタジーぽい演出も多い。

画面全体で楽しい演出をしていて飽きさせない工夫がされていて

好きな人にはどハマりしそうで

まわりの人の話を聞いていると高評価されている方が多いです。

ただリアルな表現が好きな方には少し刺さらないかもですが・・・

ただ少し気になる点も

僕もかなり好きなテイストの映画なんですが

気になる部分が少しありました!

結構ストーリーの波のような盛り上がる所などがなく

単調な所がどうしても気になってしまいました。

いつのまにそんなに売れてんねんと思うぐらい

結構簡単にHITしたんですよーみたいサラッと

した表現が多くボヘミアン・ラプソディ

ような成り上がり感が少ない分そこが少し気になって

しまいました。お話自体はわかりやすくエルトン・ジョンが

どんな人なんだろうとはわかり易いのですがそこが少し

もったいないよう気がしましたね!

面白いんですけどね!

少し期待値が高かったのもあるかもしれないです・・^^;

 

こんな人にオススメ

“エルトン・ジョンが好きな人”

”これからエルトン・ジョンを知ってみようと思う方”

”音楽が好きな人”

どれか当てはまれば見れば楽しめるはずなので

なるだけいい音の映画館で見た方が楽しめるはずなので

オススメです。僕はIMAXでみましたよ^^

今月も楽しい作品が多いのでたくさん見ていきましょうね☆