MOVIE

映画グリーンブック今月のみんなにおすすめできる作品

Pocket

映画グリーンブック今月のみんなにおすすめできる作品

出典:映画.com

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞でも作品賞・助演男優賞・脚本賞 3部門受賞の注目作品

見てのかんそうは最高に楽しめるバディロードムービーでした!

 

STORY

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

出典元:グリーンブック公式

 

 

 

演技がすばらしい

 

テーマが人種差別であり重いお話になりそうなのだが

そんなテーマを忘れさせるぐらい二人の主人公が非常にいいキャラ。

 

色んな土地に行って人種のことで揉めたりするのだが

そのたびに二人の気持ちが通じあっていき二人が成長する姿を

みるのがみていてすごく心地よく重くなりすぎない形で

人種差別ということについても改めてかんがえさせられる。

気づいたら二人を応援しているじぶんがいて

さいごはとても感動して泣いてましたね…

となるのも非常に出てくる人たちの演技がすばらしい

主人公であるふたりの演技が群をぬいている。

トニー・“リップ”・バレロンガ   役

ビゴ・モーテンセン

ドクター・ドナルド・シャーリー  役

マハーシャラ・アリ

このふたりが演技でノミネートしているのはすごくわかるし

マハーシャラ・アリが重賞しているのも納得。


音楽がすばらしい

演技もさきほどほめていたのだが

演奏も役者のかたがしているところでの凄いところでもある。

ピアノの演奏しているシーンがすごく惹きつけられる。

今作はボヘミアンラブソディやアリーに

負けず劣らずのジャズです。

これが最高!みたいな代表されるものはないのですが

サントラ聞いていてもすごくずっと流して聞いてられる。

ジャズが詳しくない自分でもすごくよく感じます。

音楽を担当している

クリス・バワーズ

音楽監修

トム・ウルフ

 

このかた達のお陰もあるのかなと思います。


 

 

グリーンブックはこんな人におすすめ!

”老若男女すべて年齢の人におすすめできる!ひとりでもふたりでもOK!”

”すてきな音楽映画が好きな人”

”心があたたまるホッとなるようなお話が好きな方に”

”実話が好きなかた”

アカデミー賞の作品賞もいただいた今作ですが

非常によくできているし色んな方におすすめできる

作品になっておりますので出来るだけ劇場で

ウォッチしにいきましょう!!